iPhoneに合う保護フィルム

iPhoneは画面サイズが大きく分けて5種類あります。
初代から3GSまで、4と4GS、5から5Cそして6と6Plusです。
現在の主流は5や5s5cと言われていますが6や6Plusも急速に数が増えています。iPhoneはもともと画面のガラスが強いことで知られていますが、それでも長く綺麗に使いたいものです。そこで利用したいのが液晶保護シート、フィルムです。

ソフトバンクの機種変更情報の比較検討にオススメの情報を集めました。

保護シートは大きくけて3種類あります。



iPhoneは売れ数が多いので初代用から6Plusまでどの機種でも保護シートは探しやすいです。
3種類の保護シートは光沢、マット、ガラスと分けられ、それぞれにさらに細かい仕様があります。一番多く利用されているのは光沢の保護シートです。

光沢系の保護シートは画面が鮮やかに見えるので動画や写真などをくっきり見たい方に適しています。

マット系の保護シートは光の映り込みが少なく非光沢とも呼ばれるタイプです。

マット系では鮮明度は低くなりますが、屋外でも見やすいことからこちらもよく売れています。



ガラス系は比較的新しい素材であり、光沢よりさらに鮮明な見え方をします。

また、ガラス系は画面保護に特化したタイプもあり液晶画面をよく守ると言われています。

ただし、価格帯ではガラス系がもっとも高く、光沢フィルムの数倍することも珍しくありません。

また、フィルムは貼るのが大変とよく言われますが、光沢フィルムが一番難しく、ガラス系は固めのフィルムということもあり比較的張りやすいと言われます。